one of modesty , モデP です!!

シンガーソングライター、インスト、ボカロをやっているメンヘラミュージシャン one of modesty によるブログです!

統合失調症だからできる音楽がある!

僕は、統合失調症です。

病気には、いろいろ悩まされていますが、ある本を読んで、統合失調症にしかできない音楽があると思うようになりました。

人間はいろいろと進化をしていますが、最近の世の中では、普通に生きるだけでは、偉業を成し遂げることができません。

精神を病気にすることで、芸術的な才能を獲得し、名を残すことができる。

精神病と、芸術は繋がりがあると言われていますよね!

統合失調症であることも、ひとつの才能だと思います。

活かし方を見つけられるかですよね!

僕は、音楽で、自分の才能を活かしたいです!

Youtube music 日本でもサービス開始!

Youtube music が日本でもサービスを開始しました!

このサービスは、無料プランでも、曲が選べるようです。

使ってみたところ、Youtube の曲が普通のアプリよりも、いい音で聴けるような気がします。

ストリーミング配信もありますが、まだ曲は少なめ。

これから増えると思います。

one of modesty や モデP の曲も今のところ動画だけだった。

ただ、無料プランだと、バックグラウンド再生ができません。

何かスマホで作業しながら聴くのには向きません。

そういう時はspotifyを使えばいいのでは?

spotifyにも無料プランがありますが、アルバムの中からランダム再生になります。

音楽業界のためには、有料プランを使ったほうがいいけど、どうしてもお金がない人は、こういったサービスを使ってみてはどうでしょうか?

apple musicで can't stop loving / Megpoid , モデP がたくさん再生されている!

最近apple musicで、今週の注目曲のプレイリストに載ったみたいで、can't stop loving がたくさん再生されています!

とてもうれしい!

Spotify よりも先に apple music で火が付くとは!

これからは、apple music にも注目していきたいと思います。

再生数は増えたけど、まだまだなので、ここから頑張らなきゃと思っています。

皆さん聴いてください!

モデPで検索すると出てきます!

他の曲も聴いていただけるとうれしいです!

頑張るぞ!

音楽には所有欲が付き物!

何かを好きになるとそれを所有したくなる。

音楽でも一緒!

曲が好きになると、音楽データ、さらにはCDを所有したくなる。

日本人にはその傾向が特に強いのでは?

だから、まだCDが売れるんだろうな!

僕も音楽データはたくさん所有したくなる。

僕の曲も、データやCDで売れるように頑張らなきゃ!

それが、自分の曲を好きになってもらえた証拠だから。

can't stop loving / Megpoid , モデP 配信開始!

Megpoid , モデP の can't stop loving が spotifyなどで配信開始されました!

もともとニコニコ動画初音ミクバージョンを公開していたのですが、今回Megpoidで配信させていただきました。

曲はアップテンポで愛することはやめられない!っていう気持ちを歌詞にした曲です。

日本のソロアイドルをイメージして作りました。

今ソロアイドルっていないですね、。

皆さん聴いてください!

米津玄師のdiorama購入

米津玄師の1stアルバムである、dioramaをAmazon musicのデジタル配信で購入しました。

Amazon musicで購入した理由は、パソコンやスマホでストリーミングでも聴けるからです。

もちろんmp3でも聴きますけど。

米津玄師は、前から応援したいと思っていたアーティストで、今回初めてまとまったお金を払いました。

Yankee , bootleg は友達から借りました。

bremenはレンタルしました。

とっても楽しませてもらったけど、対価が僕から支払われていませんでした。

dioramaの感想は、一枚目ということで、まだ未完に感じました。

荒削りだな。

何か光るものはあるけど、まだ輝いていない。

米津玄師にもこういう時期があったんだと少し安心しました。

ということで、内容に関しては満足いくものではありませんでした。

もっと聴き込んだら、評価も変わるかも?

でも、やっぱmp3じゃ音質に満足できないな。

Spotifyばっかでも、たまにウォークマンが恋しくなるけど。

同じ音質ばかりじゃ飽きるってことだね。


そういえば、米津玄師新曲出すみたいだね!

早くアルバム聴きたいな!

今度はGoogle playで買おうかな?

洋楽はだいたいSpotifyにあるから、なかなか対価払えないな。

Spotifyでたくさん聴くことが対価支払いということでいいのかな?

SpotifyのおかげでCDたくさん買ってた頃より安くいろんな曲が聴けてる。

日本のアーティストがまだCDを売ろうとするのも、戦略としては正しいかもね。

いつまでもつかは分からないけど。

自分も人を楽しませる音楽を作らなきゃね!

これからの時代、ミュージシャンにも英語は必要だと思う

音楽をやる上で英語って大事だなと思うようになってきた。

今後ますますCDは売れなくなる。

時代はストリーミング音楽!

Spotifyなどでの再生で収入を得るのが一般的になると思われる。

僕もそれを目指している。

日本だけに向けていては、再生数はしれている。

海外に向けて発信する必要がある。

その時に一番聴かれるのは、英語。

だから、英語は必要だ!

でも、自分が英語で歌うのはおすすめできない。

これから英語を習得したって、ネイティブに通用するようにはならないからだ。

英語の歌をリリースするなら、英語が得意な人に歌ってもらったほうがいい。

AmPmがいい例。

僕はまずはインストで攻めようと思っている。

インストなら言葉がないので、海外でも聴かれる。

実際、one of modestyのSpotifyでのリスナーはほとんどが海外の人である。

まだ、全然少ないけど。

サウンドも洋楽をたくさん聴いて、海外でウケるものにしなければならない。

僕は、邦楽と洋楽は根本的に違うと思っている。

流行りが全然違う。

邦楽で流行っているものでも、海外では聴かれないことがほとんどだ。

Spotifyでたくさん聴かれるには、プレイリストに掲載されることが近道だが、そのためにも、英語力は必要だ。

手続きは全て英語である。

僕は、高校が進学校で英会話スクールに通っていた程度の英語歴だが、海外のサイトをいろいろ見て、英語に慣れた。

英会話に通っていたのも役に立っている。

今後、有名になったら、海外のアーティストともコラボしたいと思っている。

その時には、ますます英語が必要になるだろう。

英語の勉強も頑張らねば!