one of modesty , モデP です!!

シンガーソングライター、インスト、ボカロをやっているメンヘラミュージシャン one of modesty によるブログです!

邦楽も、メロディーラインが変わってきていて、従来の聴きなれたものからの脱却が始まっている。

最近、邦楽のメロディーラインが変わってきた気がします。

 

従来の、日本人が好む、美しい、聴きなれたメロディーラインから、ちょっと崩れた、洋楽寄りのものになってきている気がします。

 

前にも書きましたが、メロディーラインが枯渇しているからでしょうね!

 

1-of-modesty.hatenablog.com

 

従来のメロディーを作ると、どうしても、あれ!?聴いたことあるぞ!ということになってしまいやすいのではないでしょうか?

 

アーティストというのは、オリジナリティが求められます。

 

もちろん、メロディーラインにも、オリジナリティが求められます。

 

他のアーティストと似ていては、オリジナルではなくなってしまいます、、、。

 

あと、邦楽は、洋楽にだんだん近づくのですが、洋楽化が進みだしたのではないでしょうか?

 

日本も、サブスクが普及して、最初は、守りに入っていたアーティスト達が、一気に攻めに転じた感じもあります。

 

あと、サブスクで、何回も聴かせるには、スルメ曲(何度も聴くことでよくなってくる音楽)であることも大事だと思います。

 

聴きなれた音楽は、よくなるのも早いけど、それだけ、聴き飽きるのも早い、、、。

 

メロディーラインがちょっと聴きなれないものになると、いいと感じるまでに時間がかかります。

 

それで、何回も聴かせようという狙いがあるのでは?

 

これから、どんどん、邦楽も、メロディーラインが変わっていくと思います。

 

従来のタイプも作られると思いますが、メロディーラインが枯渇しているため、難しいです。

 

でも、従来のメロディーが好きな人は、変わっていくメロディーを受け入れられない場合もあると思います。

 

それで、最近の音楽はひどいとか、よくないとか言われてしまうんですよね!

 

音楽を作るアーティストは大変だ、、、。

 

今は、丁度メロディーラインの転換期になると思います。

 

従来のメロディーラインで続けるアーティスト、攻めのメロディーラインで作るアーティストと分かれてくるでしょうね!

 

両方やるアーティストもいると思います。

 

僕は、両方作るタイプだと思っています。

 

邦楽は、洋楽のまねをして発展してきました。

 

少し前は、邦楽らしさが重要だったけど、これからは、変わってくると思います。

 

新しい音楽がこれからたくさん生まれていくと思います。

 

従来の音楽が好きな人は、サブスクで、古い曲を探せばいいだけのこと!

 

僕は、古い音楽も、新しい音楽も、両方聴きたいですね!

 

サブスクで、いい時代になってきているとは思います。

これから、暑くなると思うと、気が滅入るけど、暑熱馴化とビタミンCで乗り切りたい!

今日は、4月21日、、、。

 

今日は、雨で涼しくていいなぁ、、、。

 

でも、明日は、27度になるって、、、。

 

ガクガク、ブルブル、、、。

 

暑いっていうだけで、気が滅入ってしまう、one of modesty , モデPです!

 

毎年、暑さに悩まされています、、、。

 

毎年、夏が近づいて、27度を越えると、体調が悪くなってきます、、、。

 

今年も、だんだん暑くなってきて、ちょっと鬱気味です。

 

なんか、眠りが浅い気がします。

 

それで、寝るのを、30分早めました。

 

それで、今日なんとなく、寝起きの気分がよかったものの、またすぐに気分が悪くなりそうです。

 

どうしたらいいだろう?

 

去年の夏は、ネットで調べていたら、暑熱馴化という言葉にたどり着きました。

 

暑さに慣れるということです。

 

暑さになれて、夏を乗り切ろうというような言葉です。

 

具体的には、春の涼しいうちから、運動をして、汗をかける体にして、暑さになれておきましょうということなんですが。

 

でも、もうそろそろ運動したくなくなってしまいます。

 

運動がまだできる人は、大いに運動して、暑さになれればいいんでしょうけど。

 

僕は、少し前まで自転車に乗っていたのですが、暑くなってきて、やらなくなってしまいました。

 

それで、去年は、昼の暑い時間に、10分くらいだけ音楽を聴きながら、外に出て、暑さに慣れました。

 

それだけでも、若干暑さに慣れるので、なんとか夏も病院に通うことができました。

 

暑い時に外に出て汗をかくと、なぜかテンションが上がったのを覚えています。

 

その後、しばらく調子がよくて、去年の夏は乗り切れました。

 

また、同じ手が通用するのかは、分かりませんが、今年も、それをやろうと思っています。

 

運動をする気にはなかなかなれません。

 

熱中症怖いですもんね!

 

あと、僕は、統合失調症なのですが、この病気には、ナイアシンとビタミンCがいいらしいです。

 

ナイアシンは、前から飲んでいるのですが、ビタミンCは、いつからか、飲まなくなっています。

 

しかし、ビタミンCも重要なことに気付きました。

 

アドレナリンの酸化を防いで、妄想や幻聴を少なくする効果があるようです。

 

他にも、ストレスにとてもいいそうです。

 

夏の暑いのは、ストレスです。

 

だから、ビタミンCを摂れば、何とかやり過ごせるのでは?と思っています。

 

今日、早速ビタミンCのサプリメントAmazonで注文しました!

 

明日届くと思いますが、明日の夕方から、早速ビタミンCの摂取を始めたいと思っています。

 

前に飲んでいた時の事は、あまり覚えていないのですが、かすかな記憶では、飲んでいる時に、若干精神が落ち着いていた気がします。

 

僕は、精神がいつも不安定なので、ちょっとでも、安定してくれると嬉しいなぁ。

 

暑熱馴化とビタミンCで、この夏も何とか乗り切りたいです!

統合失調症でも、大学教授をやっている人がいるらしい。頑張れば、すごくなれるかも?

インターネット検索をしていたら、統合失調症でも、大学教授をやっている人がいるという記事を見つけました!

 

とても元気付けられました!

 

海外の女性の方で、統合失調症で、入院を何度もし、もう、難しい仕事では働けないでしょうと言われていたけど、勉強の道を志して、大学教授になったそうです。

 

精神科の先生には、レジのアルバイトでもしたらとか言われたそうですが、彼女はその道を選ばなかったそうです。

 

彼女は、ほんの一例ですが、他にも、統合失調症でも活躍している人はいるみたいです。

 

その人たちに共通していることは、自己管理がちゃんとできていることだそうです。

 

妄想や幻聴が出ても、これは、本当のことじゃないから気にするなとか、うまくやり過ごせているそうです。

 

僕も、若いころは、妄想が出ても、うまくやり過ごせていたなぁ、、、。

 

学校や、仕事中にも妄想が出てたけど、うまく対応できていました。

 

その頃は、自分が統合失調症ということも知りませんでしたが。

 

僕は、統合失調症になったら、何もかも終わりで、どうしようもない、、、みたいに思ってしまっていましたが、まだ希望はありますね!

 

ここであきらめてしまったら、人生もったいない、、、。

 

僕の人生もまだ長い、、、。

 

ここからでも、頑張ってみようと思いました。

 

死ぬまでに、何かひとつでもやり抜けたらと思います。

 

音楽、ブログなど。

 

統合失調症を検索すると、暗い記事がほとんどで、余計暗くなってしまうことが多いです。

 

自分が統合失調症と知ってから、いろいろネット調べて、悪い情報をたくさん知り、余計悪くなっていきました。

 

それから、悪い状態の時が多かったように思います。

 

でも、自己管理の方法をなんとか見つけ出して、自分も人生をいい方向に進められたらと思います。

 

統合失調症は、悪いことばかりではなく、芸術などの才能は、開花する場合があるようです。

 

僕も、音楽の才能を開花させられたらいいなぁ、、、。

 

統合失調症の天才アーティスト現る”とかって世間を騒がせたいなぁ、、、。

 

これからの人生がどうなるかは、僕の行動次第!

 

少しでも頑張って、いい方向にもっていきたいです。

 

頑張るぞ!

 

みなさんも、諦めないで、人生をいい方向にもっていきましょう!

 

まずは、自分が頑張らないとだけど、僕も、みなさんのことを応援しています!

 

一緒に、統合失調症を乗り越えていきましょう!

 

みんなひとりじゃない!

 

誰か助けてくれる人もいる!

 

時には人に頼りながらも、乗り越えて行こう!

 

 

僕は、飽き性なので、やることを次々と変えないと退屈してしまうようだ。

僕は、いつからか、飽き性になりました。

 

もともと、仕事が長く続かないとか、あったのですが、最近特に顕著です。

 

生きてきて、いろいろ経験したので、飽きてきているというのもあるのかもしれません。

 

あと、調子がいい時に、抗うつ剤を減らしたのですが、その頃から、特に飽きやすくなりました。

 

飽きてしまうと、もう、そのことはしばらくできなくなってしまうので、やることを次々と変えていかなければなりません。

 

そうしないと、退屈してしまいます。

 

僕のやることは、音楽を聴く、作る、読書、ゲーム、ブログ、ネットサーフィン、映画鑑賞くらいです。

 

やれることはだいたいやってしまったと思っているので、新しいことはなかなか増えません。

 

やることをローテーションすることで、退屈をしのいでいます。

 

また、前に飽きたことでも、しばらくするとまた楽しくなったりします。

 

でも、前に記事で書きましたが、ゲームはもう卒業かなと思っています。

 

1-of-modesty.hatenablog.com

 

 

たまにやるにはいいんですけどね。

 

ブログ記事の貼り付けを初めて使いました。これから、どんどん使っていきたいなぁ、、、。

 

音楽を聴くときも、同じ曲を何度も聴くと、飽きてしまうので、同じ曲は、しばらく聴かないようにしています。

 

特に、聴きなれた曲は、もう既に、ある程度飽きているので、間をおくようにしています。

 

ゲームでも、家庭用ゲーム機のゲームは、ローテーションでいろいろやるのを変えたりします。

 

最近、家庭用ゲーム機のゲームは、あまりやらなくなりましたが、、、。

 

読書も、読む本をローテーションすることが多いです。

 

読書は、amazon kindleですることが多いです。

 

本は、たくさんは置けないですよね。

 

飽き性は、悪いことだと思われがちですが、悪いことばかりではありません。

 

確かに、一つのことを長く続けることはできないのですが、いろんなことに挑戦できます。

 

飽き性の人は、いろんなことを知っている場合が多いようです。

 

マルチポテンシャルというらしいのですが、そういう人も、今の世の中で求められていいるようです。

 

あと、飽き性の人は、変化に強いようです。

 

いろんなことをやっているので、変化に慣れているのでしょうね!

 

僕も、飽き性なので、一つのことを極めるのではなく、いろんなことに挑戦していけたらと思っています。

 

とりあえず、今やっているのは、音楽とブログです。

 

これから、もっとやりたいことを見つけて、いろんなことに挑戦していきたいです。

 

 

僕が、統合失調症になった原因と思われること。

僕は、高校2年の時に、統合失調症になりました。

 

高校は、進学校で、勉強が大変だった覚えがあります。

 

当時、僕は、成績が落ち、友達関係にも悩んだり、いろいろと不安を抱えていました。

 

僕が、統合失調症になった一番の原因と思われることは、精神的疲労だと思われます。

 

ちょっと頑張り過ぎたかもしれません。

 

あと、睡眠時間が短かった覚えがあります。

 

夜遅くまで起きて、音楽を聴いたりしていました。

 

徹夜したこともあったと思います。

 

そういったことが重なって、なってしまったのだと思います。

 

統合失調症が発症する前には、うつ状態にもなって、その頃から、勉強が手に付かなくなっていました。

 

中学は、1番で卒業したので、そのプライドで、いい大学に行かなくてはいけないという思い込みがありました。

 

友達関係なども、考えすぎたり、幅広く付き合いすぎて、負担になっていたと思います。

 

あと、僕は、内向的なのですが、人前で歌ったり、無理に外向的に振舞って無理していました。

 

そういった、精神的負担が重なってなったのだと思います。

 

勉強の他にも、部活で、硬式テニスをやっていたのですが、強くなりたいと一生懸命でした。

 

部活に力を入れ過ぎて、勉強の成績が落ちたのもありますが、頑張り過ぎたのは、よくなかったかもしれません。

 

僕は、勉強よりも、部活と遊びに力を入れてました。

 

もっと早くから、勉強を頑張っていれば、成績が落ちることもなく、統合失調症は避けられたのかもしれません。

 

でも、高校の時にならなくても、大学、社会人になってから発症したかもしれません。

 

遺伝的要因があるとよく言われますが、僕の親族には、統合失調症の人は全くいません。

 

突然変異?なのでしょうか?

 

僕は、まじめな性格でした。

 

今でもかもしれませんが、、、。

 

そういう人は、統合失調症になりやすいのかもしれません。

 

真面目な人すべてがなるわけではないですが、、、。

 

統合失調症前の、冬休みあたりの時に、もう、いっぱいいっぱいで、辛かった記憶があります。

 

もう、警告サインが出ていたんだと思います。

 

でも、学校では、勉強に追われるので、頑張らざるを得ないのはありますね。

 

統合失調症になってからは、勉強が手に付かなくなって、高校で最下位になり、大学も受かりませんでした。

 

でも、専門学校へ行き、資格をたくさん取り、トップで卒業し、愛知県知事賞ももらいました。

 

その後、東京で就職し、プログラマをやったのですが、1年で、体調を崩し、実家に戻りました。

 

一人暮らしでなく、名古屋で就職していたら、もう少し長く続いたのではないかと思っています。

 

あと、最初に診てもらった先生がとてもいい方だったので、病院を変わらなければ、体調よくいられたかもしれません。

 

東京で働いた期間は短かったけど、とても楽しかったので、行けてよかったと思っています。

 

僕の人生で、一番輝いていた時期だと思います。

 

でも、まだ、人生は長い、、、。

 

これから、また輝けるように頑張らなければ、、、。

 

高校生で、統合失調症になった人には、大学がすべてではないと言いたいです。

 

僕は、専門学校でも、楽しく過ごすことができましたし、その方が、自分には合っていたのかもしれません。

 

なったらなったで、仕方ないので、これからをどうするのか考えたいですね!

 

とにかく、人生を楽しむことが大事だと思います。

 

統合失調症になっても、人生を楽しむことはできる!

 

無理はし過ぎないことです。

 

でも、今できることをしよう!

 

ちなみに、僕は、妄想が出るのですが、その時はこんな気分です。

 

1-of-modesty.hatenablog.com

 

もうすぐ近所で工事が始まるので、ウォークマンとノイズキャンセリングイヤホンでやり過ごそうと思っている。

もうすぐ、近所で工事が始まります。

 

古い家を壊して、新しく建てるようです。

 

またか、、、。

 

周辺の家の工事が何回も続いていて、その度に体調を崩しました、、、。

 

なんとかならないか、、、。

 

僕は、考えた!

 

ウォークマンノイズキャンセリングのイヤホンでどうにかしよう!

 

ウォークマンには、ノイズキャンセリングという機能があり、対応したイヤホンで聴くと、騒音をかなり消すことができます。

 

これを使えば、なんとかなるかも?!

 

 

 

ウォークマンは4台も持っている。

 

ノイズキャンセリングのイヤホンもある!

 

準備は万全!

 

でも、カナル式のイヤホンって苦手なんだよな~、、、。

 

耳が圧迫されるというか、付けてて不快には感じてしまう。

 

音はいいんだけどね!

 

今から、練習で付けて、訓練すればいいかな?

 

ということで、今、パソコンにカナル式のイヤホンを接続して、spotifyで聴いています。

 

ノイズキャンセリングに音楽も流せば、かなり騒音を消すことができる!

 

問題は、音楽を長く聴き続けられないこと、、、。

 

そういう時は、ガーヤトリーマントラでも聴いてればいいし、、、。

 

Youtubeの運が良くなる動画の音楽を聴くっていう手もあるなぁ、、、。

 

だけど、それだと、ノイズキャンセルができないなぁ。

 

そういえば、ウォークマンの外部入力端子があったなぁ、、、。

 

あれ、パソコンに接続すれば、Youtubeをノイズキャンセルで聴けるなぁ、、、。

 

外部入力端子壊れてる、、、。

 

また買わなきゃ!

 

なんとか、これで乗り切りたい、、、。

 

また、ある情報から、デジタル耳栓というもののを知り、買いました。これでもいいかもしれません。

 

僕が統合失調症の妄想が出ると、こんな気分になります。

僕は、統合失調症で、妄想がよく出ます。

 

幻聴、幻覚は出ません。

 

妄想が出ると、こんな気分になります。

 

 

 とにかく不安になります。

 

 一種のパニック状態です。

 

 冷静な判断ができなくなります。

 

 頭が回らないことが多いです。

 

 反応が鈍くなります。

 

 考えがまとまらなくなります。

 

 マイナス思考が加速します。

 

 何か、思いがくるくると頭の中を巡ります。

 

 時には、自分がすごい人になったと妄想し、いい気分になります。

 

 有名人になったと思ってしまうこともあります。

 

 思考伝播と言って、自分の考えていることが、人に伝わってしまっている気分になります。

 

 関係妄想と言って、テレビで言っていることが、自分のことを言っているかのように思えたりもします。

 

 妄想が出ると、辛い気分になることが多いです。

 

 被害妄想で、何か悪さをされているんじゃないかと思ったりします。

 

 2度ともう妄想が出ないで!と思います。

 

 なぜ出たんだろうと、原因を考えたりします。

 

 人を殺してしまうような、悪いことをしてしまいそうで、怖くなったりします。

 

 僕の場合、暑い時、疲れている時、外出している時に出やすいです。

 

 運動をして、疲れると出ることがあります。

 

 妄想が出る前に、出そうだと、予感することがあります。

 

 妄想が出たことには、すぐに気づいて、またかと思います。

 

 妄想が出ると、いつもうんざりです。

 

 何もできなくなってしまうことが多く、とにかく落ち着くように努めることが多いです。

 

 こういう時に本を読むと、書いてあることから、妄想が膨らみ、余計に悪くなったりします。

 

 外出している時は、早く帰りたいと思います。

 

 僕の場合、妄想が出ると、リスペリドンの頓服を飲んで落ち着けることが多いです。

 

 僕の場合、ガーヤトリーマントラを聴くと、落ちつくことがあります。

 

 統合失調症が発症したばかりの時は、妄想で、小室哲哉を訴えると、病院の先生に言いました。

 

 

と、妄想ってよく分からないと思いますが、とにかく厄介です。

 

同じ統合失調症でも、妄想の出かたは、人それぞれだと思います。

 

僕の場合の妄想をお伝えしました。

 

統合失調症は、妄想、幻聴、幻覚などの陽性症状が避けられません。

 

薬で落ち着いている人もいるとは思いますが、抑えすぎもよくありません。

 

うまく、陽性症状と付き合っていけるといいと思います。

 

 

周りの人が妄想が出た時は、言ったことを否定せず、受け流すといいらしいです。

 

否定したり、肯定しすぎても、妄想が悪化してしまうようです。

 

妄想が出た人が、変な行動をしても、一種のパニックになっていたんだと、感じてくれると嬉しいです。

 

僕の統合失調所うの原因と思われることを書いたので、読んでくれると嬉しいです。

 

1-of-modesty.hatenablog.com